title

禁煙補助薬チャンピックスとは

チャンピックスとは

バイアグラ

チャンピックスは、経口タイプの禁煙補助薬です。

飲むだけで、ニコチン依存症の喫煙者に禁煙を促します。なんと経口禁煙補助薬はチャンピックスが日本国内初。医療用医薬品であるため、病院で購入するにあたって健康保険などの保険が適用されます。

ニコチン依存症に陥っている人が急にタバコを吸わなくなると、イライラしたり気分が落ち込むなどの気分的な症状が多数襲ってきます。しかし、チャンピックスを服用することで、ニコチン切れなどの辛い離脱症状をともなわずに禁煙を目指せます。

チャンピックスを服用していれば、最中にタバコを吸ってもおいしいと感じにくいようにもなるため、本格的に禁煙したいという方にとって大きな味方になってくれるはずです。

メーカー

チャンピックスの製造元は、日本で60年以上にわたって医療用医薬品を開発・販売している「ファイザー」という製薬会社です。日本だけではなく世界に向けての発信をおこなっており、製薬会社にしてはめずらしいユーチューブチャンネルも作成しています。

最近は新薬の特許が切れた後に安価に作るジェネリック医薬品を製造する製薬会社が増えている中、ファイザーでは新たな薬の研究開発にも力を入れており、製造する薬自体も幅広い病気に対応するものばかり。

禁煙をサポートするチャンピックスの製造だけではなく、ファイザーの公式ホームページでは「すぐ禁煙.jp」という、禁煙治療をくわしく紹介するページも公開しています。

禁煙にチャレンジしたい方はチャンピックスの使用とあわせて、ファイザー公式ホームページの閲覧をおすすめします。

チャンピックスの有効成分

チャンピックスの有効成分は、「バレニクリン酒石酸塩(Varenicline tartrate)」。

ニコチンを配合せずに、ニコチンの代用となって作用する成分です。

もちろんニコチンに比べると弱い刺激ではありますが、禁煙するには充分な満足感を得られます。

バレニクリン

人間の身体には「ニコチン受容体」が存在しています。タバコを吸うことでニコチン受容体にニコチンが行き届き、その際に発生する刺激が快感となってタバコを常用するようになります。これがニコチン依存症。

チャンピックスに含まれている「バレニクリン」は、このニコチン受容体にニコチンの代わりとなって作用します。

刺激するのはニコチン受容体の中でも部分的なものであるため、ニコチンよりも刺激は弱いですが、少量のドーパミンを発生させることが可能です。

ドーパミンは神経伝達物質のひとつで、発生することで運動調節機能やホルモンの調節をしたり、快感を得るなどの作用をもたらします。

このドーパミンによって、通常ニコチン依存症患者がニコチン絶ちした際に感じる不快感やイライラ、気分の落ち込みなどの離脱症状を抑制。

さらにバレニクリンには「拮抗作用」というものがあります。

これはニコチンとニコチン受容体との結合を防いでくれるということ。つまり、ニコチンを摂取しても刺激を得たり、満足感を得ることができないように調整してくれるのです。

ただし、バレニクリンにこれだけの効果があっても、ニコチンの甘い誘惑は非常に大きく強いものです。禁煙には確固たる意思がともなわないと、ただ禁煙治療薬を服用しただけで止められるものではありません。

チャンピックスはあくまでも禁煙“補助”の役目であるため、禁煙にチャレンジしたい場合には自分自身の行動がすべてを左右します。

禁煙に成功した方のレビュー

チャンピックスで実際に禁煙が成功している方々のレビューを見ていきましょう。

有名人の中でも、チャンピックスを服用することで禁煙に成功した方がいます。

不安に思っていてもはじめてみたら意外と簡単にできた!という方もいるので、自分には禁煙できないと思っている方でも一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

40代男性/喫煙歴20年
わたしは一日に2箱以上のタバコを吸い続けてきました。チャンピックスが販売され始めたのにあわせて、禁煙チャレンジを開始。飲んだその日はいつも通り2箱のタバコを吸ってしまい、「本当に禁煙できるのか……」と不安になったものの、8日目にはタバコが手元になくてもいいように。
今ではご飯がとてもおいしく、なにより喫煙所を探さなくてもいいということに心が開放感で溢れています。

30代男性/喫煙歴10年
毎日1箱は吸っていましたが、歯の黄ばみやグラつきから禁煙を決意しました。
タバコをやめると「手持ち無沙汰になるんじゃないか」とか、「さびしい」と思っている人も多いと思いますが、それはニコチンの刺激によるもの。
チャンピックスで離脱症状を少なくしながら禁煙すると、まったく手持ち無沙汰にも口寂しくもなくなりました。

禁煙失敗した方のレビュー

残念ながらチャンピックスを使っても禁煙できなかった方々は、忙しくて通院ができなかった場合や、チャンピックスの副作用が重たくて服用をやめたという場合が多いようです。

チャンピックスは非常に身体への作用が大きいもの。

体質によって合う合わないがあるため、もし合わないと感じた場合には服用を中断してください。

20代男性/喫煙歴6年
わたしの世代はタバコを吸わない人がとても多いので、やめられるならとチャンピックスを服用しました。しかし、吐き気や倦怠感などの副作用が出てしまったため、服用を中断。残念ながら自分の意思ではとても禁煙はできませんでした。
体質が合っていたらやめられていたかも。

50代男性/喫煙歴30年
たばこ税が上がると聞いて、禁煙にチャレンジしてみました。たしかにチャンピックスの効果はすごいです。タバコを吸っていなくても禁断症状がなかったので、ラクラク10日禁煙は達成。ここからが自分の意志薄弱さを呪います……「10日禁煙できたから一本くらい大丈夫だ~」と気を抜いてしまいました。
チャンピックスは再度喫煙をおこなったときにニコチンによる満足感を減らす効果がありますが、やはり習慣化した喫煙という行為自体にまたハマってしまって禁煙できませんでした。

icon